カテゴリー別アーカイブ: Hong Kong

横濱ドラゴンボートレース参戦 2016

横浜ドラゴンボートレース 旗

毎年横浜の山下公園で開催されているドラゴンボートレースですが、今年は6月5日(日)に日本香港協会の船に乗せてもらい参加してきました。去年は見学だけだったのですが、今年はキチンと申込み乗船してシッカリと漕いできました。

横浜ドラゴンボートレース

レースの様子。こんな具合に最大3隻で競争します。速いチームでは1分08秒などでゴールします。

山下町公園の會芳亭

レースの後には打上げ会があり、打上げ会まで暇なので中華街散策。

中華街散策 関帝廟

中華食材のお店などが多くて楽しいですね。

占いのお店の呼び込みの兄ちゃんが「ウチのお店、いつもは行列出来て大人気よ〜」みたいな呼び込みをしていたのですが、見た時には人がチットモ居らず。 思わず 現在沒有人等 (いま誰も待っていないじゃないかよ!) と漏らしてしまったり。

美楽一杯の入り口が中国っぽい

打上げ会の会場は美樂一杯で広東料理。お店のビルの入り口が薄暗く、中国っぽいです。

店員さん皆様が広東語をガンガン話す、なんだか懐かしく感じる雰囲気のお店で、味も香港の下町で食べるものそのもので美味しかったです。

ご一緒させていただいた在日歴の長い香港人の皆様に機関銃のように広東語を浴びせていただき、楽しかったです。

白切雞
美樂一杯の料理 美樂一杯の料理 美樂一杯の料理 美樂一杯の料理

中国から香港に自転車で行くコースのまとめ

だいぶ前に沙頭角に自転車で行ったときの記事に質問してくださる方がいらっしゃったので、中国・深圳から香港の九龍に自転車で行く方法をまとめてみました。

深圳→九龍の地図

まずは香港と深圳の間の国境のお話から。深圳側の国境は自転車や徒歩で行けるところが多いのですが、香港側は中国との国境の近くが禁区となっているので、何かしらの公共交通を使わなければなりません。

一番西側(地図左)から順に並べてみます。

  • 深圳灣: 深圳側は徒歩や自転車で到着できるはずです。昔歩いて行ったことがありました。中国の出国と香港の入国が深圳側の同じ建物で行われ、そこからバスに乗って橋を渡って香港に入ります。自転車を持って路線バスに乗せてくれるかどうかは怪しいです。長距離を走る観光バス型ならば、「壊れても知らないよ」とか言われながら乗せてくれます。
  • 福田/落馬洲: 福田が深圳の地名で、落馬洲が香港側の地名です。 深圳側の福田口岸までは徒歩・自転車でたどり着けますが、香港側の落馬洲が鉄道のMTRか路線バス、ミニバス、タクシーだけが使えます。自転車を持って落馬洲に入った場合は、事実上MTRかタクシーのみ乗れます。 ミニバスでは自転車を持ち込むのは難しいですし、路線バスの場合は輪行袋に入れても乗せてくれるか怪しいです。
  • 皇崗: 自動車用の国境でバスが走っています。深圳側を自転車で進入するコースはわかりません。香港側も自転車で進入するコースがわかりません。国境の間に黃巴 Yellow Busというのが走っているのですが、自転車を持ち込めるのかどうか知りません。やったことないので。。
  • 羅湖: 鉄道で香港から深圳に入るコースとしては超定番ですね。深圳側は国境まで自転車や徒歩でたどり着けます。香港側は、鉄道のMTRのみ使えます。
  • 文錦渡: あまり通過する旅客は多くないです。深圳側は徒歩でいけますが、香港側はバスにのる必要があります。上水駅行きのバスがあります。
  • 沙頭角: 深圳側は徒歩や自転車で行けますが、深圳の市内からトンネルを越えて行かなければならないので、面倒かもしれません。

ということで、何らかの公共交通を少し使って香港に入ったあと、香港の北側の新界から九龍に入るコースが限られています。 とりあえず自転車で自走するコースを紹介します。

  • 青山公路を元朗→屯門→荃灣と走っていく。走ったことが無いですが、このコースでサイクリングされているという話は良く聞きます。
  • 錦上路から荃錦公路で荃灣に出るコース。走ったことがあります。途中に大帽山という香港で一番高い山の隣の峠を超える必要があり、標高500mぐらいあります。峠越えがお好きならばお勧めします。
    大帽山郊野公園
  • 大埔道: 新界から九龍方面は自転車で通過できるという話を聞いたことがあります。逆向きは通行禁止になったそうです。
  • 西貢公路: 一番東側の西貢を通って行くコースです。距離はありますが、全体的に自転車で楽に走れるコースです。一部区間は日曜日と祝日は通行禁止な区間があります。

この区間を自走するのがシンドいということでしたら、MTR西鉄線の錦上路から荃灣西まで乗る、MTR東鉄線の大圍から九龍塘まで乗る、といった方法で越えることも可能です。

京華酒樓@太子

29日の晩ごはんは、香港に住む日本語を話せる人たちとの会食の時間に。 「日本語を話す会」という日本語の勉強会にボランティアで参加していた関係もあり、日本語を話す香港人の友人がたくさん来てくれました。 合計20人以上でした。

DSC05538_1

DSC05542

DSC05543

DSC05544

DSC05545

DSC05546

DSC05548

DSC05549

DSC05550

っと、美味しい料理が沢山でした。 でも、この会食が私の帰港のパーティだったので、主役の私は食べている時間が無く、あっちこっちの席に周って挨拶しまくっていました。

添財記

しばらくBlogを書いていなかったのですが。久しぶりに。

8月末には夏休みということで香港に3泊4日で行ってきました。土瓜湾のホテルに宿泊することとなったので、まずは以前住んでいた九龍城で朝ごはんを食べてから、ホテルに荷物を置いて、街に出かけていました。

九龍城

4ヶ月ぶりの九龍城。少しだけ商店の入れ替わりが有ったかな。雰囲気は大して変わっていません。

添財記

朝ごはんは添財記で粥。

添財記

下手な広東語を必死になって話して注文したら、店員さんから「あなたはマレーシア人?」と聞かれたり。日本人だと答えたら「日本人なのに広東語を話すとは!凄い!」と褒められる始末。これがマレーシア華僑だとしたら、もっと広東語練習しろよ、とか言われるんだろうなぁ。(笑)

添財記の皮蛋魚片粥

やっぱり添財記のお粥は美味い!

船便の引越し荷物、全て到着

引越し荷物4個
引越し荷物4個

残りの引越し荷物4箱、合計90kgぐらいが到着しました。最初に出荷したのが4月23日、最後に出荷したのが4月28日、なので50日ぐらいかかった計算ですかね。通常ならば1ヶ月以内に届くのですが、やたらに時間がかかって2ヶ月近くかかりました。荷物追跡をしていたら香港に6月3日ぐらいまで待たされたみたいですし、発送待ち時間が凄く長かったって感じでしょうかね。

BBQ用のフォーク
BBQ用のフォーク

荷物を開梱しているのですが、このBBQ用のフォークなんで日本に持ってきたんだろう。。捨てればよかったかも。
壊れたものは皿1枚とコップ2個だけだったので、まぁ仕方ないって感じです。