カテゴリー別アーカイブ: bicycles

中国から香港に自転車で行くコースのまとめ

だいぶ前に沙頭角に自転車で行ったときの記事に質問してくださる方がいらっしゃったので、中国・深圳から香港の九龍に自転車で行く方法をまとめてみました。

深圳→九龍の地図

まずは香港と深圳の間の国境のお話から。深圳側の国境は自転車や徒歩で行けるところが多いのですが、香港側は中国との国境の近くが禁区となっているので、何かしらの公共交通を使わなければなりません。

一番西側(地図左)から順に並べてみます。

  • 深圳灣: 深圳側は徒歩や自転車で到着できるはずです。昔歩いて行ったことがありました。中国の出国と香港の入国が深圳側の同じ建物で行われ、そこからバスに乗って橋を渡って香港に入ります。自転車を持って路線バスに乗せてくれるかどうかは怪しいです。長距離を走る観光バス型ならば、「壊れても知らないよ」とか言われながら乗せてくれます。
  • 福田/落馬洲: 福田が深圳の地名で、落馬洲が香港側の地名です。 深圳側の福田口岸までは徒歩・自転車でたどり着けますが、香港側の落馬洲が鉄道のMTRか路線バス、ミニバス、タクシーだけが使えます。自転車を持って落馬洲に入った場合は、事実上MTRかタクシーのみ乗れます。 ミニバスでは自転車を持ち込むのは難しいですし、路線バスの場合は輪行袋に入れても乗せてくれるか怪しいです。
  • 皇崗: 自動車用の国境でバスが走っています。深圳側を自転車で進入するコースはわかりません。香港側も自転車で進入するコースがわかりません。国境の間に黃巴 Yellow Busというのが走っているのですが、自転車を持ち込めるのかどうか知りません。やったことないので。。
  • 羅湖: 鉄道で香港から深圳に入るコースとしては超定番ですね。深圳側は国境まで自転車や徒歩でたどり着けます。香港側は、鉄道のMTRのみ使えます。
  • 文錦渡: あまり通過する旅客は多くないです。深圳側は徒歩でいけますが、香港側はバスにのる必要があります。上水駅行きのバスがあります。
  • 沙頭角: 深圳側は徒歩や自転車で行けますが、深圳の市内からトンネルを越えて行かなければならないので、面倒かもしれません。

ということで、何らかの公共交通を少し使って香港に入ったあと、香港の北側の新界から九龍に入るコースが限られています。 とりあえず自転車で自走するコースを紹介します。

  • 青山公路を元朗→屯門→荃灣と走っていく。走ったことが無いですが、このコースでサイクリングされているという話は良く聞きます。
  • 錦上路から荃錦公路で荃灣に出るコース。走ったことがあります。途中に大帽山という香港で一番高い山の隣の峠を超える必要があり、標高500mぐらいあります。峠越えがお好きならばお勧めします。
    大帽山郊野公園
  • 大埔道: 新界から九龍方面は自転車で通過できるという話を聞いたことがあります。逆向きは通行禁止になったそうです。
  • 西貢公路: 一番東側の西貢を通って行くコースです。距離はありますが、全体的に自転車で楽に走れるコースです。一部区間は日曜日と祝日は通行禁止な区間があります。

この区間を自走するのがシンドいということでしたら、MTR西鉄線の錦上路から荃灣西まで乗る、MTR東鉄線の大圍から九龍塘まで乗る、といった方法で越えることも可能です。

Wahoo Blue SC

Wahoo Blue SC パッケージ

自転車のペダル回転数である Cadence (ケイデンス) と速度を、スマートフォンを組み合わせて測定するセンサーの Wahoo Blue SC を使ってみました。

Wahoo Blue SC 取付け

取付けは、自転車後輪の下側のフレームであるチェーンステーの車体左側に本体を取付ます。車輪とクランク(ペダルの付いている腕)に磁石のセンサーを取付け、この磁石が近づく・遠ざかるをセンサーが検知するようになっています。

最初に取り付けたときには、Cadenceがちっとも拾えず、センサーをペダルと車輪に近づくような角度に調整したところ、測定できるようになりました。

測定結果2測定結果1

2回程度の走行結果を iPhone の Wahoo アプリで拾ってみたところ。信号少なめ、なるべく勾配のない道を選んで走ったところ、Cadenceもほぼ一定になりました。

DAHON Route 2014

image

折りたたみ自転車が欲しいなと思い、ヤフオクでDAHON Route 2014 を落札。約3万円。ボディ剛性もいい感じ、組み立ても簡単です。重量12kgぐらいなのでサクサクと走ります。

image

image

日曜は多摩川へ試験走行。小径車なので直進安定性が低いとかは当たり前ですが、なかなか乗りやすいですよ。

2ヶ月ぶりに自転車

香港からKnakaさんに運んでもらった自転車、帰国後は足が痛いとか風邪引いたとか天気悪いとかでチットモ受け取りに伺えず。梅雨時の雨の切れ目を狙って浜松町から世田谷まで自走しました。

浜松町駅

まずは自転車を受け取りに浜松町へ。天気予報では降雨は無い模様。

輪行袋入り自転車

輪行袋入りの自転車。この状態で香港から運んでいただきました。自転車組立てていたら、後ろのタイヤのチューブのバルブが折れているのを発見。購入してから8年ほどチューブ交換していなかったので、寿命ですかね。あーだこーだ言いながら組み上げていきました。

出発

さて出発。コースは適当に明治通りに出て、恵比寿あたりで駒沢通り→代官山近くの鎗ヶ崎から旧山手通→神泉あたりで淡島通り→梅ヶ丘通り→小田急の北側→自宅といったコースでした。梅ヶ丘あたりで後輪から空気漏れが始まったのですが、バルブ部分をゴニョゴニョしたら空気漏れが止まり、あとは自宅まで慎重に乗ることに。自宅まで約16kmでした。

帰宅

帰宅。自転車スタンドに引っ掛けて収納。

沙頭角経由で中国まで自転車自走に挑戦したのですが。

沙頭角経由で中国まで自転車自走に挑戦したのですが。。

今日のサイクリングは大圍から始まって沙頭角へ。先日の西貢経由大圍の続きってことで。

2014-12-29 サイクリング記録

大埔海濱公園

大埔海濱公園まではサイクリングコースが整備されており、途中の交通信号は数カ所しかなく快適ですが、サイクリングコースは当然なことながら子供や自転車に慣れない人たちも走っているので、イロイロと注意が必要です。

少しだけ自転車走行禁止

汀角路の一部区間が自転車走行禁止となっています。多分路肩が十分でないからだと思います。

南涌天后廟
南涌天后廟からの景色

南涌というところにある天后からの景色が素晴らしかったです。神様を祀る場所としては最適ですね。遠くに見えるのが中国です。

香港側沙頭角口岸の手前から立入禁止

この前の文錦渡と同じく、国境手前から禁区になっていて自転車や徒歩では入れませんでした。

香港→深圳の沙頭角巴士のチケット

ここで引き返すのも勿体無いので、30ドルを叩いて深圳までのバスチケット購入。たった1kmぐらいの距離で30HKD、結構高いです。ちなみに帰りの沙頭角→九龍塘も30HKDでした。交通費的にはここまでのサイクリングは全く意味がなかったってことでしょうね。(笑)

深圳側の沙頭角に到着
深圳側の沙頭角に到着

記念すべき初中国サイクリング、右側通行。

中国を少しサイクリング
中国を少しサイクリング

沙頭角の周りを自転車で周ってみたのですが、なかなか良いですね。自転車での右側通行、楽しいですね、アメリカ行った時に左折とかで左のレーンに入ってしまいそうな感じの注意が必要だったりと、面白いです。
思った以上に、香港や日本以上に自転車で走りやすいです。たぶん、待ち行く自動車が飛び出しに構えてユックリなのと、道路の幅が広いためでしょう。やはり中国は自転車の国です(笑)

帰りは九龍塘までバス
帰りは九龍塘までバス

帰りは最寄り駅の九龍塘まで国境からバスで帰りました。